のれんの製作にあたり知っておきたいこと

オーダーで依頼するのれんが人気

京都での製作がお勧めのれんは、和風のイメージがあり、代々続いているお店にかかっている
イメージがありますが、最近は、おしゃれなお店の雰囲気づくりや看板として
使われていたり、タペストリーのような感覚でお店の装飾として
利用されたりすることもあります。

おしゃれに

また、日よけに使ったり、カーテンや間仕切りとして使うなど活用法が幅広く、
若い世代の人からも人気があるお店のおしゃれなアイテムのひとつになっています。

最近では、屋号や家紋などを入れたり、手描きの絵柄をあしらうことが気で、
世界的に注目されるようになってきています。

家や血統など、様々な意味がある家紋が、優れたデザインとして注目されており、
日本の伝統的なアイテムとしてのれんにも注目が集まっているのです。

スタイリッシュでファッション性が高く、素材や降り方、色などで雰囲気が変わるため、
お部屋を彩るファブリックのひとつとして海外でも取り入れられるようになってきています。

取り入れられる

おしゃれなお店や部屋の雰囲気づくりや看板として、贈り物などにも
喜ばれるアイテムとして大変人気があり、本場京都でオーダーすることが流行しています。

無地や絵柄入り、家紋や屋号入りを京都に依頼してオリジナルを作成することで、
ワンランク上の上質なのれんを手に入れることができるところが人気の理由です。

お洒落でスタイリッシュなバーやダイニング、スイーツ店などでも取り入れられたり、
カフェやレストラン、おしゃれなショップでも取り入れられています。