のれんの製作にあたり知っておきたいこと

のれんの活用法

京都での製作がお勧めお店の軒先に掛けられているのれんは、和風のイメージがあり、
老舗の旅館や料亭、そば屋や和菓子店などにかかっているイメージがありますが、
最近は、おしゃれなお店の雰囲気づくりをすることができるアイテムとして
幅広い活用法が人気です。

代表

一般的な使い方は、お店の軒先に屋号や代表的なメニュー、
家紋などを入れて掛けることですが、最近では、看板代わりに使ったり、
店舗の中でカーテンや間仕切りの代わりなどに使ったりする活用法が人気です。

また、タペストリーのように壁につるしておしゃれな装飾品として
使うこともあり、奥にも空間があるような錯覚を生むため、空間に広がりを
演出したいときの活用法として人気があります。

質が高い

おしゃれなのれんにこだわって、お店の雰囲気づくりをしたい人に
人気があるのが、京都でオーダーすることです。

京都は、古くから生産している本場なので、生地や織り方、色のバリエーションが豊富で
手描きの絵柄や家紋、屋号などを入れたりすることもできます。

上質で上品な一枚を手に入れたい人や、オリジナルのデザインで作りたい人、
ワンランク上のおしゃれなのれんでお店を彩りたい人などがオーダーすることが多く、
新規開店のときの贈り物や周年記念の贈り物などとしても人気があり、喜ばれています。

オーダーなら、サイズに合わせてお店にぴったりの物を選ぶことができ、
京都の風情やセンスを取り入れたおしゃれな店づくりをすることができると
年代にかかわらず人気です。