のれんの製作にあたり知っておきたいこと

京都でのれんをオーダーメイドしよう

京都での製作がお勧め和風のイメージがあり、老舗などによく使われているのれんですが、
最近は、和のイメージから広がりを見せており、おしゃれな看板やファブリック、
インテリアとして活用することが増えており、若いオーナーからも
注目されるようになってきています。

のれんをより独自性の高いものにする

布の柔らかなイメージや大きく目立つので雰囲気づくりや看板として役立つこと、
軽くてお手入れが楽なことなど流行している理由は様々ですが、
スタイリッシュなおしゃれを楽しむことができるアイテムとしての
人気が高まってきています。

お店は、内装とインテリアで、お店のイメージ合う雰囲気を演出することが一般的です。
のれんは、大きさがあるため、雰囲気作りに大変役立つアイテムで、
屋外でも屋内でも利用することができ、扱いも楽で、自宅でお洗濯をすることができ
しわになりにくく丈夫なので、気軽に架け替えることもできる便利なアイテムです。

色でイメージが異なるため、時間や季節に合わせて掛けかえたり、
お店のイメージカラーを使ったりすることができます。

のれんの形や特徴をよく知ることから始めよう

京都でオーダーした、屋号や家紋、手描きの模様などを注文したり、
色や素材にこだわった無地を選んだりと好みや笈瀬のイメージに合わせて
注文することで、ワンランク上ののれんを手に入れることができます。
ただ1つ1つ丁寧に仕上げるので、納期は1週間からのれんの注文数が多い場合は3週間程度時間がかかる場合もあります。

京都にオーダーすること自体が、おしゃれのひとつとして流行しており、
海外からも注目が集まっている話題のアイテムです。

日本の良さを受け継ぎながら、ファッショナブルでおしゃれなことで
若い世代からも注目されています。