のれんの製作にあたり知っておきたいこと

京都でのれんをオーダーメイドしよう

京都での製作がお勧め和風のイメージがあり、老舗などによく使われているのれんですが、
最近は、和のイメージから広がりを見せており、おしゃれな看板やファブリック、
インテリアとして活用することが増えており、若いオーナーからも
注目されるようになってきています。

布の柔らかなイメージや大きく目立つので雰囲気づくりや看板として役立つこと、
軽くてお手入れが楽なことなど流行している理由は様々ですが、
スタイリッシュなおしゃれを楽しむことができるアイテムとしての
人気が高まってきています。

お店は、内装とインテリアで、お店のイメージ合う雰囲気を演出することが一般的です。
のれんは、大きさがあるため、雰囲気作りに大変役立つアイテムで、
屋外でも屋内でも利用することができ、扱いも楽で、自宅でお洗濯をすることができ
しわになりにくく丈夫なので、気軽に架け替えることもできる便利なアイテムです。

扱いが楽色でイメージが異なるため、時間や季節に合わせて掛けかえたり、
お店のイメージカラーを使ったりすることができます。

京都でオーダーした、屋号や家紋、手描きの模様などを注文したり、
色や素材にこだわった無地を選んだりと好みや笈瀬のイメージに合わせて
注文することで、ワンランク上ののれんを手に入れることができます。
ただ1つ1つ丁寧に仕上げるので、納期は1週間からのれんの注文数が多い場合は3週間程度時間がかかる場合もあります。

京都にオーダーすること自体が、おしゃれのひとつとして流行しており、
海外からも注目が集まっている話題のアイテムです。

日本の良さを受け継ぎながら、ファッショナブルでおしゃれなことで
若い世代からも注目されています。

京都の良さ

居心地のよい飲食店のインテリアって?家具のサイズも重要なポイント

飲食店に居心地の良さを求める人は多く、いすやテーブルなどの家具が飲食店の内装の中でもポイントになることは間違いありません。
実際に利用した時に、居心地が良く過ごしてもらうためには座り心地の良い椅子と椅子の高さに合っており、十分な広さがあるテーブルが満足度に大きくかかわります。

座り心地の良い椅子を置くことで、満足度があがり居心地が良くなるために客単価が上がるというデータがあります。
長くいたくなるような空間づくりをすることで、追加のオーダーがあったり、デザートやドリンクの売上が上がるようになるという訳です。

ゆったりとお酒を飲みながら過ごすお店は低めの椅子を、短時間で食事を済ませて回転率を上げたい場合は高めの椅子を設定する傾向があります。
椅子の高さは40㎝が一般的に使いやすい高さということなのですが、時間をかけても良いのでゆったりと過ごしてほしい場合には低めの椅子、短い時間で食事を提供したいなら高めということを分からずに、失敗するお店もあるので覚えておきたいポイントです。

リニューアルオープンなどで椅子や机の買い替えを考えている場合には、既存の物のサイズをはかり、コンセプトに合わせた高さに調整することをおすすめします。